結婚指輪は何故あるの?〜結婚指輪の歴史〜

結婚指輪は何故あるの?〜結婚指輪の歴史〜

 

西洋においての結婚指輪の歴史は古く、遡るとギリシャ神話にまで出てきます。

 

実際の歴史に出てくる結婚のために機能したリングは、
紀元前1世紀頃のローマに時代に結婚婚約時の証として男性が女性に贈る「鉄の輪」のようです。
その頃の意味合いとしてはペアでするというロマンティックなものではなく「契約」の意味そのものだったようですから、
今で言うマリッジリングの意味合いとは大分違うようです。

 

そして、現在日本に伝わる西洋式の結婚指輪は、11世紀頃からキリスト教の布教とともに
キリスト教の中にある「神との約束の一つ」として、指輪の交換がなされていったそうです。

 

コレも宗教的に強制的な内容ですが、「神の前で結婚を誓い指輪を交換する」と言う行為はここで出来上がったものといえるでしょう。

 

この頃の材質は、未だ鉄だったそうですがその後、貴重で加工が容易な「金」に変わっていったようです。

 

第2次大戦の戦前まで実際には、男性から女性に贈られたものがほとんどで、
現在の婚約指輪や日本的な結納品的な意味合いが強かったそうです。

 

宗教上の理由として9世紀頃より妻を得るためには大きな財産的価値を持つ指輪を贈る習慣が根強く残っていたからです。

 

そういうことでは、つい1世紀ほど前まで契約の証としての意味合いが残っていたということでしょう。

 

戦後、ヨーロッパやアメリカの庶民の間でも現在のように一般的な指輪の交換がなされるようになってきました。

 

そしてそのキリスト教文化の流行が教会での結婚と言う結婚式の文化とともに1960年代半ばに日本にも上陸します。

 

日本では、西洋とは異なり指輪をする文化がありませんでしたので、この様に言ってしまうと元も子もないのですが、
当時の経済成長の中で西洋やアメリカ式の生活スタイルに対する憧れから進んだファッションの一つとしての文化と言えるでしょう。

 

80年〜90年代のバブル経済期に達するまでの円高が進む中で、
「給料3ヶ月分のダイヤモンド」などの婚約指輪など日本の中で成熟していったある意味オリジナルの文化です。

 

例えば、欧米ではとても珍しいプラチナのマリッジリングなどがその一つです。

 

特に、結婚指輪においては、細かな作業の出来る職人が多くデザインの豊富さと、
昔からある鍛造技術などにより高品質な製品を持っていることでも世界一だと考えられます。

 

有名な海外ブランドも日本のカップル向けにプラチナの結婚指輪を特別にデザインして揃えているそうです。

 

日本のカップルが世界で最も良い結婚指輪をしていると言っても過言ではないでしょう。